HOME > 和み録 > アーカイブ > 2013年10月アーカイブ

和み録 2013年10月アーカイブ

台風とリンパ

台風(低気圧)とリンパって、
何も関連がなさそうですよね?

お天気が悪いときなどに、なんとなく体調が悪いと、
感じたことはありませんか?

気圧が下がると、血行やリンパの流れが悪くなります。
これは、大気の圧力が下がることにより、
体に対しての大気の圧力も下がり、体が膨張します。

体感として膨張しているなど感じないかもしれませんが、
今日のようなお天気で、なんとなくだるかったり、
肩がこる、昔の傷が痛む、神経痛が出る・・・
なんて、方もいらっしゃるのでは?

そんなときは、ゆっくりとお風呂に入ったり、
軽くストレッチしてみてください。

今回の大型台風の被害が出ないことを祈ります。

リンパのお話 2

 

リンパの役割

 

 

老廃物の回収と排泄(余分な水分、乳酸、タンパク質、有害物質、死んだ細胞など)

 

細菌の退治

 

ウイルスなどへの抗体を作る

 

異物や細菌を血管に入れない

 

 

リンパが滞ると・・・

 

むくみ

 

老廃物が排出されないため免疫の低下

 

疲労

 

肩こり  など・・・

 

リンパが滞ると(皮膚のすぐ下、浅いところにあるリンパ

むくみ、しみ、しわ、たるみ、水いぼなどの症状が現れやすく 、

 

リンパが滞ると(深いところにあるリンパ

筋肉疲労によるこり、しびれ、冷え、だるさ、不眠、便秘などの原因になります。

 

和み庵では、予防としてのリンパドレナージュをお奨めしています。

 

施術前にコップ1杯のお水(お茶)を飲んでいただいて、

流れがよりスムーズになるようにいてから、

和み手技により「圧と方向」を考えたトリートメントを施していきます。

溜まった老廃物をスムーズに体外に排泄し

自己免疫力を高める大切なお手伝いをしていています。

施術後、ベルトがゆるくなった~
靴がゆるくなった~と仰るお客様もいらっしゃいます。

ぜひ、和み庵のリンパドレナージュをお試し下さい。
 



 


リンパのお話 1 

リンパマッサージ」や「リンパの流れをよくする」
殆どの方が、聞いたことがありますよね。
でも「リンパって何?」と言う疑問もあるのでは?

リンパには、冷え症や免疫改善といった重要な役割があります。

血液(血管)は心臓がポンプの役目をして、身体中を流れますが、
リンパ液(リンパ管)はポンプの役目をするものがないのです。

リンパは筋肉の動きによって自発的に流れています。
よって運動不足になると、どうしてもリンパが滞りがちに。 
リンパは血液と違い1分間に24~25cmくらいの流れで、滞りやすいです。

なので、流れを良くする為には運動をして筋肉を動かしたり、
またマッサージなどで流れを促してあげます。

次回は「リンパの役割」と「滞ったリンパの影響」について
ふれていきますね。


血管にはけke 


1

« 2013年9月 | メインページ | アーカイブ | 2013年11月 »

このページのトップへ