HOME > 和み録 > アーカイブ > 2014年11月アーカイブ

和み録 2014年11月アーカイブ

手作りのアロマ マスクスプレー 風邪・花粉症・インフルエンザ対策

今回は、マスクにシュッと吹きかけて使うスプレーです。

材料は・・・

アロマオイル    8~10滴
無水エタノール    5ml
精製水        25ml
スプレー容器

作り方・・・

スプレー容器に無水エタノールを入れ、
好きなアロマ(下記参照)を入れて混ぜます。
混ざったら精製水を入れて良く振ってください。

使い方・・・

マスクの内側にシュッと一吹き。
お肌が敏感な方は外側にシュッとしてね^^
10日~2週間くらいで使い切ってください。

アロマオイル・・・

ユーカリ     
  鼻の炎症を緩和し通りをよくします。

ラベンダー   
  抗ウィルス作用があります。 

ティーツリー
  強い殺菌力があります。


ブレンドも良いですよ~^^


風邪をひかない冷え知らずの身体になろう!

リンパドレナージュは免疫力を高めます。
血行も良くなり、冷えや浮腫みにも効果的♪

ぜひ、和み庵のリンパドレナージュをお試しください。

12月の予約も入ってきています。
ご予約はお早めに~




   


猫背 肋骨矯正 施術前後 


開店当時からのお客様で、週1で通っていらっしゃいます。 

最近のお気に入りは骨盤矯正で、肩こり、腰痛が楽になると・・・

吸い玉も導入時からやり始めて、今回は肋骨矯正もしました。

骨盤矯正は良く聞くけれど、肋骨矯正ってご存知ない方がほとんどではないでしょうか?

前下がりになった肋骨を正しい位置(上の方)に戻してあげることで、
背筋が伸びてきます。

猫背が改善されて、バストの位置も高くなっています。
腰から上が安定して、腰痛も軽減されます。

肩こり、腰痛、姿勢でお悩みの方、お試しください。


 
 
           施術前                           施術後
施術前.jpg 施術後.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
   
撮影が下手でごめんなさい^^;;;;


手作りの・・・追記 無水エタノールと消毒用エタノールの違い

ルームスプレーの記事を読んだお客様が
「薬局で売ってたけど、違いがわからなくて買ってこなかった」
と仰っていたので、その違いをご説明しますね。

エタノール(エチルアルコール)の含有量(濃度)の違いで、

無水エタノールは99.5vol% 消毒用エタノールは76.9~81.4vol%です。

(vol)はボリュームと言う意味

純度が高いと殺菌力も最強!と思われがちですが、無水エタノールには殺菌力がありません。
揮発性が高いので菌が死ぬ間がないのですよ。
(この揮発性を利用して、濡らしたくない物のお掃除ができます)

エタノールが80%前後が一番殺菌力があり、水分が蒸発する間で殺菌できるという訳です。
これが、消毒用エタノールになります。

無水エタノールで含有量80%になるように水を加えれば消毒できます。

手作りアロマで無水エタノールを使うのは、
分量の計測などでわかりやすいという点が挙げられますが、
ルームスプレーなどでしたら、消毒用でも作れますよ~
お値段もかなり違いますものね^^;
実は無水エタノールは酒税がかかっているので高いです。(飲めません^^;;;;)
消毒用エタノールは酒税はかからないのでお安く買えます。

このエタノールは薬事法上、第三類医薬品に分類されていて、
 薬剤師または登録販売者がいる店舗でないと売ることができません。
なのでホームセンターなどでは売っていませんし、

普通の薬局、ドラッグストア等にも置いてないことが多いようです。
第三類医薬品はネット販売が認められていますので、ネットで買えます。

とりあえずルームスプレーだけ作れればいいわ~って方は、消毒用エタノール。

アロマで化粧品なども手作りしてみたいな~と思う方は無水エタノールを、
お買い求めになるほうがよろしいかと^^


ちなみに・・・無色無臭のウォッカやホワイトリカーでも代用できちゃいます。
今後、アップ予定のアロマで手作り化粧品の作り方でお話しますね。


 
ネットね 




 

吸い玉 施術中&施術後


attachment00 (17).jpg肩こりでお悩みのお客様。

施術10分後の様子。

同じ時間、同じ圧力でも上下の色の差がかなり違います。

肩甲骨の内側部分のコリが酷いので、赤紫色に・・・

attachment01 (9).jpg吸い玉を外した後⇒

下の薄い部分は4~5日位

上の濃い部分は1週間~
10日位で消えていきます。

個人差が大きいので、何日で消えますとは言いきれませんが、
ずっと残ることはありません。
必ず消えますので安心して下さいね。

打撲などでできたアザは触れると痛みますが、
吸い玉のアザは痛くありません。

キスマークkissmarkを付けたことがある方はわかるはず(笑)
吸われてできた痕って痛くないでしょ?^^

吸い玉療法~なんて言って、パートナーの身体につけないでくださいね^^;


手作りのアロマルームスプレー 風邪予防

空気が乾燥してきましたね。
寒くなって乾燥すると、やっぱり気を付けたいのは風邪!

今日は、和み庵でも使っているアロマルームスプレーの
作り方をお話します。

100mlの基本のアロマルームスプレーを作る場合

無水エタノール 10ml
精製水      90ml
アロマ    20滴くらい (何種類か混ぜてもOK)
スプレーボトル  (写真は100円ショップの物)

attachment00 (16).jpg

作り方は、ボトルに無水エタノールを入れてからアロマオイルを入れて、
精製水を入れて混ぜるだけ~ 簡単でしょ?^^

手作りコスメの場合は、遮光瓶や精製水を使うけど、
ルームスプレーに関しては、すぐに使い切るので大丈夫ですよ。

風邪予防のアロマは、ユーカリとティーツリー

ユーカリもティーツリーも強力な殺菌力を持っています。
このルームスプレーを使えば、乾燥を防ぎ、
室内の空気漂うウィルスの殺菌に効果があります。

エタノールの匂いが苦手な方は、なくても作れますが、
アロマオイルは水に溶けませんので、ご使用のたびに
良く振ってお使いくださいね。

写真は白い液体ですが、これはエタノールによってアロマオイルと水が混ざっているからで、
お水だけで作った場合は透明です。

この風邪予防スプレーはキッチンの除菌にも使えます。
キッチン用はレモンやペパーミントのアロマも良いですよ^^

ティーツリー 
免疫力を高め、殺菌や抗菌作用によりさまざまな感染症の予防や、風邪の予防に。
筋肉痛や打撲の炎症や痛みを鎮めてくれます。(鎮静・鎮痛作用)
強い殺菌力で、やけどやすり傷、おでき、水虫、ただれ、カンジタ、口内炎などにも。
    ユーカリ
    殺菌、抗ウイルスや消炎、鎮痛作用に優れているので、花粉症や風邪の鼻水、
    せき、たんなどの呼吸器系の症状をやわらげ、 喉の痛みやさまざまな感染症に役立ちます。
    また、筋肉痛や打撲などの痛みを鎮めたり、熱を下げる働きもあります。
    (マグカップに1~2滴たらして熱湯を入れ蒸気吸入したり、
    ビニール袋にたらして、鼻と口を覆うようにして呼吸すると咳や喉の痛みが和らぎます)


アロマの効能とか、これから少しずつお話していきたいと思っています。


ゆゆーかり 


冷え対策 黒糖生姜ティーとゆずハチミツ

暖かな飲み物がホッとする今日この頃です。

最近、黒糖生姜ティーとゆずハチミツにはまっております。

紅茶にすりおろした生姜と黒砂糖を入れるだけ。
もう~身体がポカポカ!ジンワリと汗ばんだりするときもあります。

attachment01 (8).jpg

市販の黒糖生姜ティーでも良いのですが、
自分で入れたほうが美味しいの^^
白砂糖ではなく、黒砂糖の理由は、黒砂糖は身体を温めるから!
白砂糖は逆に冷やしてしまいます(><)

attachment00 (15).jpg

そして、ゆずハチミツ
レモンではなく「ゆず」を使うのもゆずは身体を温めるから~
オレンジとアカシヤのハチミツを使っています。

朝一番の飲み物として身体を温めて、1日の始まりを元気良く^^

ちなみにこのゆず
和み庵の玄関になってます(笑)
種がない品種なのですよ~
attachment00 (14).jpg

おかげさまで3周年

2011年11月1日に和み庵をオープンして3年がたちました。

最初は、リンパドレナージュとタイ古式、リフレクソロジーのお店でしたが、
耳ツボを勉強してメニューに取り入れ、
そのあとは、経絡美容整体で小顔や骨盤矯正を追加。
今月からは吸い玉をやり始めました。

人の身体の勉強に終わりはなく、今でも施術の勉強を続けています。
リンパだけで良いじゃない?と言われますが、
覚えることが楽しくて面白くて~

もともと、漢方の考え方が好きでしたが、経絡を勉強し始めてから、
もっと深く知りたいと思うようになり、
今、漢方コーディネイターと薬膳調理師の資格を取得を目指しています。

これからも、皆様の健やかな心と身体のために、
技術を磨き、知識を増やしていきたいと思っています。


どうぞ、これからも、よろしくお願いいたします。


和み庵  渡邉 和子

1

« 2014年10月 | メインページ | アーカイブ | 2014年12月 »

このページのトップへ